ライフィールドモデル[RFM5111]1/35 Sd.Kfz.167 IV号突撃砲 後期型w/エンジン & 可動式履帯 [ご注文締切日 7月23日(火)8-9月入荷予定]

ライフィールドモデル[RFM5111]1/35 Sd.Kfz.167 IV号突撃砲 後期型w/エンジン & 可動式履帯 [ご注文締切日 7月23日(火)8-9月入荷予定]

販売価格: 10,208(税込) [通常販売価格: 12,760]

厚さ: 60mm

数量:

商品詳細

IV号突撃砲は第二次世界大戦中にドイツで開発された突撃砲で、制式番号はSd.Kfz.167です。IV号戦車の車体にIII号突撃砲の戦闘室を搭載したIV号突撃砲は、同時期のIV号駆逐戦車と比べ防御力では劣るものの重量バランスが良く、機動性と操縦性では勝っていました。本車は1943年12月から生産が開始されると、1945年4月まで約1,100両が生産されました。

RFM5110の仕様:
●エッチングとデカール付き
●履帯は連結組立可動式

Facebookコメント

レビュー

0件のレビュー