【入荷】Canfora新刊 赤軍パレード Vol.2入荷しました!!

CANFORA[TRA2]赤軍パレード Vol.2 1946-1990 ソビエト連邦陸軍時代のパレード

1917年のロシア革命以降の100年間を通じソビエト連邦から現在のロシア連邦と変われど行われる赤の広場での行われた軍事パレードは自国陸軍の最新鋭戦車や軍用車両、そしてミサイル兵器などを国内外に広く示し国威高陽に活用して来ました。この100年の歴史を全三巻で解説する赤軍パレードの第二巻が刊行されます。本巻では1946年の戦後初のパレードから連邦崩壊によりソビエト連邦陸軍としては最後の軍事パレードとなった1990年11月までを多数の写真から解説します。また当時の冷戦時代におけるソビエト連邦軍の背景と兵器開発史も併せて解説しています。就役からほぼ十年経ってから公開された西側に衝撃を与えたT-54や1960年にシベリア上空を通過しようとする米国のU-2撃墜決定を巡ってフルシチョフ第一書記がパレード開始を遅れせた話などのエピソードも掲載されています。

●総ページ数:336ページ
●掲載写真:500枚以上
●ハードカバー、モノクロ、英語

本体価格:4500円 JANコード:9789198477528


赤軍パレード Vol.1 も オススメ ↓↓↓

CANFORA[TRA1]赤軍パレード Vol.1 1917-1945

●赤軍の100年をパレードで振り返る新シリーズ
●軍事史と技術史両面を共に深く掘り下げた好著
●ハードカバー、256ページ、モノクロ、英語

ソ連軍(労農赤軍)は1917年の第二次ロシア革命以降、毎年、盛大な軍事パレードを開催してきました。これはソ連崩壊後もロシア軍が引き継いでいます。多くの場合、最新装備を誇示することからソ連車両研究に欠かせないイベントです。本シリーズは1917年から2017年の100年間の軍事パレードを3分冊で紹介するものです。
第一巻は第二次革命直後の1917年から第二次大戦が終結した1945年までを扱います。独ソ戦を控えて最新兵器をわざと展示しなかったり、逆に大戦終結後は最新のJS-3を大量に行進させて西側に「JSショック」を巻き起こした波乱の歴史を含んでいます。1941年のパレードでは赤の広場を行進した戦車は間近に迫っていたドイツ軍との戦いにそのまま投入されました。
著者は「レッドマシーン」シリーズを始めとして多数の著書を著している、西側ソ連研究家の第一人者ジェームズ・キナー氏を起用。数々の未発表写真に鋭いキャプションを付加しています。

本体価格:4500円  JANコード:9789198232585

 


 

     従来刊はこちらへ↓↓↓