■ご予約商品について
ご注文の際、ご予約商品と在庫商品を一緒にご注文いただいた場合は予約商品が入荷するまでお取り置きになり全て揃ってからの発送となります。
在庫商品をお急ぎの場合は、別々にご注文ください。
■中古品及び特価品の商品をご購入のお客様へ
不良品・欠品がございましても一切不可とさせていただきますので十分確認の上ご購入ください。

モンモデル[TS-019]1/35 ドイツPanzerhaubitze 2000自走榴弾砲増加装甲付き

モンモデル[TS-019]1/35 ドイツPanzerhaubitze 2000自走榴弾砲増加装甲付き

販売価格: 6,800円(税別) [通常販売価格: 8,500円]

厚さ: 90mm

在庫数 1
数量:
モンモデルが2014年6月発売した、TS-012 PzH2000自走砲は、光栄にもモデラーの皆さんから高い評価をいただきました。 しかし「増加装甲のパーツが入っていないのが残念」という声もいただきました。 今回のキットはご要望に基づき、増加装甲を追加したものです。 PzH2000自走砲の天井や操縦席周りには六角形のボルトがびっしり取りつけられていますが、これは増加装甲を取り付ける為のものです。 実車では総計78枚の装甲板から成るこの装甲は、自走砲や航空機、攻撃ヘリコプターのトップアタックから脆弱な車体上面を守るためのものです。 特徴的なのは、表面にびっしりとトゲ状のゴム突起(長さ60mm)が植えられている点です。 これは、成型炸薬弾を装甲手前で強制爆発させ、車体への被害を減らすためのものです。 この特徴から「ハリネズミ装甲」とも呼ばれています。 タリバンとの戦いでアフガニスタンに派遣されたPzH2000自走砲は、この増加装甲を取りつけた姿で戦いに臨みました。 その傑出した機動力、優れた射程、そしてその防御力から、現在の自走榴弾砲の中で抜きんでた性能を持つことが証明されたのです。

Facebookコメント