■ご予約商品について
ご注文の際、ご予約商品と在庫商品を一緒にご注文いただいた場合は予約商品が入荷するまでお取り置きになり全て揃ってからの発送となります。
在庫商品をお急ぎの場合は、別々にご注文ください。
■中古品及び特価品の商品をご購入のお客様へ
不良品・欠品がございましても一切不可とさせていただきますので十分確認の上ご購入ください。

1120[Z-14]1/35 ドイツ無線機 Fu2/Fu15(受信機セット)

1120[Z-14]1/35 ドイツ無線機 Fu2/Fu15(受信機セット)

販売価格: 1,750円(税別)

厚さ: 40mm

在庫数 ◯
数量:
Z-13で述べたように、多くのドイツ車両は送受信機1組に加え、受信機をもう1台搭載しており、Fu5から受信機(Ukw.E.e)のみを抽出したものをFu2、Fu16から受信機(Ukw.E.h)のみを抽出したものをFu15と呼称していました。 具体的には、I号戦車はFu5のみを、II号戦車は、K59の1120ブランド[Z-02]で既に発売になっているFusprech dを搭載していました。しかし、以降III号戦車〜ティーガー、突撃砲は全てFu2+Fu5(車両によってはFu15+Fu16)を搭載していました。Fu2/Fu15は、戦車ではFu5/16と積み重ねて配置され、突撃砲では右側のスポンソン後方に配置されました。 Z-14はこの二台目の受信機セットを余すところなく再現するセットです。 キットには無線機本体だけで無く、収納フレーム、変圧器やコネクターなども含まれた至れり尽くせりのセットです。またIII号突撃砲で必要になるフレームを両脇から支える支持架のパーツも入っています。 K59が存分に腕を振るった超精密な無線機セットで、今後もこれを凌ぐものを作るのは相当難しいのでは無いでしょうか。 ※基本的には、Z-13とZ-14をひとつずつ購入されるのがお勧めで、III/IV号突撃砲でハッチを開けた範囲のみ再現したい場合は、キューポラ側のみならZ-13のみ、装填手ハッチ側ならZ-14のみ購入、という選択肢もあると思います。

Facebookコメント

レビュー

0件のレビュー