■ご予約商品について
ご注文の際、ご予約商品と在庫商品を一緒にご注文いただいた場合は予約商品が入荷するまでお取り置きになり全て揃ってからの発送となります。
在庫商品をお急ぎの場合は、別々にご注文ください。
■中古品及び特価品の商品をご購入のお客様へ
不良品・欠品がございましても一切不可とさせていただきますので十分確認の上ご購入ください。

モデルアート 第2次大戦 エアクラフトリアルカラー 日本語版

モデルアート 第2次大戦 エアクラフトリアルカラー 日本語版

販売価格: 5,000円(税別)

厚さ: 30mm

在庫数 ◯
数量:
AKインタラクティブのリアルカラー第2弾は、オリジナル資料やカラーチップ、さらに公式文書/迷彩指示書に基づいた第2次大戦の4ヶ国(ドイツ、アメリカ、イギリス、ソ連)の航空機迷彩・塗料に関する決定版資料です。この1冊で大戦時の航空機塗装の変遷がまるわかり!当時のカラー写真も多数掲載。

注目記事内容
・ドイツ
RLM83の色調の新説。生産工場の解釈による迷彩の違い。工場での色名の呼び方。
熱帯地迷彩の戦闘機が東部戦線にも送られていた。コンドル軍団初期のBf109はグレーではなかったなど。
・アメリカ
オリーブドラブ41は塗料メーカーの顔料が異なりばらつきが許容されていた。
ニュートラルグレーが退色しやすい色だったなど。
・イギリス
夜間用塗料のNIGHTはブルーがかった色だった(Special Nightは完全なつや消し黒)。
SKYはインドのマハラジャのプライベート航空機に塗られていたことからヒントを得たなど。
・ソ連
大戦直前まで迷彩塗装は反対されていた。大戦末期には修理の際、
捕獲したドイツの塗料が使用されていたなど。

Facebookコメント

レビュー

0件のレビュー