■ご予約商品について
ご注文の際、ご予約商品と在庫商品を一緒にご注文いただいた場合は予約商品が入荷するまでお取り置きになり全て揃ってからの発送となります。
在庫商品をお急ぎの場合は、別々にご注文ください。
■中古品及び特価品の商品をご購入のお客様へ
不良品・欠品がございましても一切不可とさせていただきますので十分確認の上ご購入ください。

モンモデル[MENTS-018]1/35 ソ連T-10M重戦車

モンモデル[MENTS-018]1/35 ソ連T-10M重戦車

販売価格: 6,800円(税別) [通常販売価格: 8,500円]

厚さ: 90mm

在庫数 1
数量:
第二次大戦中、JS/JS-2(ヨシフ・スターリン)戦車はドイツ軍を震え上がらせました。
戦後もソ連は重戦車こそが陸戦の鍵となると考え、JS-3、JS-4を開発しました。
1948年、その集大成であるオブイェークト730の開発が始まりました。後のT-10です。
最初はJS-8と名付けられる予定でしたが、スターリンの死後、彼への批判が高まったことからT-10と改称されたのです。
1953年から1965年に掛け、約1500両のT-10が製造されました。
T-10Mは1957年から配備された近代改修型です。
乗員4名で戦闘重量は51トン、750馬力の過給器付きV-12-6ディーゼルエンジンを搭載。
主砲は122mmM-62-T2(2A17)ライフル砲、副武装として14.5mmKPVT同軸機銃と対空機銃を装備。
砲手と車長用に赤外線暗視装置を備え、NBC防御機能を備えていました。

モンモデルのTS-018 T-10Mはこのソビエト重戦車を精密に模型化しました。
全長305mm、全幅97mm。まるで亀の甲羅のような鋳造砲塔を始め、各部の特徴を再現しています。

冷戦の間、T-10Mは鉄のカーテンの向こうからNATO軍に睨みをきかせ続けましたが、
とうとう西側と戦火を開く機会は訪れず、1993年に退役しました。
実戦参加はチェコスロバキアに侵攻した「ダニューブ作戦」が唯一ものとなりました。

Facebookコメント